English

ホーム 研究内容 発表文献 メンバー アクセス 学生の方へ 企業の方へ ローカル

ホーム > 研究内容

研究分野

画像処理を中心に、基礎から応用まで広い領域にわたって研究を行っています。

たとえば、実世界のさまざまな情報を画像を介して取得する画像センシング、 画像を処理・解析し、高度な意味抽出を行うコンピュータビジョン、 またこれらの技術を応用した、情報端末を使いやすくするための新しいユーザインタフェース、 現実空間と仮想空間を融合する拡張現実感の研究などを行っています。


研究成果

VR環境における状況に応じたつかみ動作の認識
仮想物体の位置や形状に応じてつかみ方を学習することで、認識率を向上させる手法を提案しました。
[論文(AIVR)]
実空間情報を活用したARピープホールインタラクション
実空間に映像を固定表示するAR技術を用いてスマートフォンの表示領域を疑似的に拡大する手法を提案しました。
[論文(ISMAR)]
単一イラストからのアニメ風3Dモデル生成
イラスト素材からアニメ風キャラクターの3Dモデルを半自動的に生成するための手法を提案しました。
[論文(CW)]
VAEを用いた動画像からの転倒検出
深層学習の技術の一つである Variational Autoencoder を用いて動画像から転倒検出を行う手法を提案しました。
[論文(ICIP)]
ハンドヘルドカメラを用いた簡易反射特性計測
カメラを物体の周りで動かしながら撮影することで、反射特性を簡易に計測する手法を提案しました。
[論文(CGI)][論文(ISVC)]
多人数操作可能なデジタルサイネージ
状況に応じてレイアウトを動的に変更することで、多人数がお互いに邪魔されることなく同時に利用できるデジタルサイネージシステムを開発しました。
[動画][論文(PerDis)][論文(PerDis2)]
モバイルARによる質感再現
簡易な装置を用いて実物体の形状と反射特性を測定し、モバイルARを用いて再現するシステムを開発しました。
[動画][論文(ISMAR)]
スマートフォンの作業領域拡張
平面上に仮想タッチパネルを重畳し、タッチやドラッグができるようにすることでスマートフォンの作業領域を拡張するシステムを開発しました。
[動画][論文(ISMAR)]
オンマウスプロジェクタ
マウスとプロジェクタを組み合わせることで、携帯性と広い作業空間を両立したインターフェースを開発しました。
[動画][論文(MobileHCI)][論文(MUM)][論文(PMC)]
頭部装着プロジェクタを用いたARテーブルトップインターフェース
頭部にプロジェクタを装着し、平面に映像を投影することで、その平面を仮想タッチパネルにするインターフェースを開発しました。
[動画][論文(ISMAR)][論文(Information)]
モバイルARによる質感提示
仮想物体を手で取って動かせるようにすることで光沢やつやなどの質感を提示できるモバイルARシステムを開発しました。
[動画][論文(MUM)]
ホバーを用いた入力支援インタフェース
モバイル端末のタッチスクリーン上方の指を検出し、その周辺を拡大する入力支援インタフェースを開発しました。
[動画][論文(MobileHCI)][論文(MUM)]
多指によるARタイピング
モバイル端末の後ろの空間で手指を動かすことで、画面に表示されたソフトウェアキーボードを多指でタイピングできるシステムを開発しました。
[動画][論文(IUI)][論文(CHI)][論文(MUM)]
スクリーン埋め込みカメラを用いたビデオ会議システム
スクリーンに埋め込まれた複数のカメラの画像を切り替えることで、適切な視点からの映像を提示するビデオ会議システムを開発しました。
[論文(VRST)]
シースルーモバイルARシステム
実空間と画面上の空間の見え方を一致させたモバイルディスプレイを通して仮想物体に触れるシステムを開発しました。
[動画][論文(IUI)][論文(ISMAR)][論文(MTA)][論文(ISMAR2)]
空中操作による三次元画面移動インターフェース
既存のタッチパネルインターフェースを拡張し、空間をつかんで動かすことでズームとスクロールを同時に行えるインターフェースを提案しました。
[動画][論文(CHI)]
マルチアパーチャカメラを用いた高感度イメージング
小さなCMOSイメージセンサを2次元アレイ状に配置したマルチアパーチャカメラを用いて視差マップを推定し、鮮明な合成画像を取得する手法を提案しました。
[論文(IWAIT)]
2台のカメラを用いた三次元指差し認識
機器の遠隔操作を目的として、2台のカメラ画像から三次元の指差し方向を認識する手法を提案しました。
[動画][論文(ECCVW)][論文(ACCVW)]
複数モバイル端末による空間共有型3次元ARインタラクション
対面したユーザーが同じ空間を共有して3次元仮想物体とインタクションできるモバイルARシステムを開発しました。
[論文(VR)]
暗闇での物体追跡と画像合成
暗闇で撮影した動画像に対して物体追跡と画像合成を行うことで、動物体の高画質撮影を実現する手法を提案しました。
[論文(MTA)]
三次元テーブルトップユーザーインターフェース
仰向けに設置された裸眼立体視ディスプレイ上に立体表示された三次元仮想オブジェクトを直接触って操作するインターフェースシステムを開発しました。
[動画][論文(SUI)][論文(ITS)]

過去の研究成果



Copyright (C) 2011 Komuro Laboratory. All Rights Reserved.